本文スキップ

オカリーナ工房 土音(hijioto)はオカリーナの製作と販売を行っています。


  
  

メールでのお問い合わせはこちら


  






ショップ情報

オカリーナ工房 土音

(hijioto)


栃木県小山市508の2

電話 0285(50)6199

ocarina.hijioto@nifty.com

   

Claytoneダブル管・蘭釉薬シリーズ・Angel
Claytone ダブル



2/8より、Claytoneダブルの取扱を開始しました。

開発を始めたのは3年ほど前ですが、あまり必要性を感じていなかったのでその時は完成にいたりませんでした。

 第1管 ソ~ミ♭
 第2管 ラ~ラ

第1管と第2管ではラからミ♭まではどちらでも演奏できます。実はこの部分が『音楽』を考える上でとても大切であることに気づきました。
複数管で、音質、演奏上で感じる違和感は、管が変わるところ、吹き口を移動するところです。とすると、音域を重複させ、1つの管で演奏する部分が長くなることで、その違和感を減らすことができます。



Claytoneとしては、音楽性・音色にはこだわりたいのです。吹き口を1つにできないかなと考えたりして。。。。。1管目と2管目の音色の違和感を極力緩和するために、独自の工夫もしています。

歌ものの音域はこれでたいていの曲はカバーできます。
Claytone『蘭』でレコーディングに参加した 矢沢永吉さんのカバーアルバム「THE COVER NO.1」で1曲だけ、複数管を使わなければならない曲が発生し、ダブル管を完成させるきっかけとなりました。

小穴を塞がずに、全部の指を置くと、第1管、第2管ともにドレミファソまで同じ運指のダブル管ですのでご注意ください。

運指表を作りましたが、あまり必要はないですね。第2管の親指を離して全開放すると最高音のラです。あとはC管の運指そのままですから。






 
  
 








製作者が演奏できることが必須なので、現在、演奏も練習中!!


まだYoutubeでの公開が気がひけるのでこちらからお聴きになれます。
https://www.facebook.com/yoichi.itagaki.33/videos/2642442812518467/?t=7
興味のある方は仮予約フォームより順番をおさえてください。
製作者が納得してからの提供となりますので、よろしくお願いいたします。すでにコンサート会場での展示販売を開始しています。
(ニーズの確認と提供の順番をおさえるための仮予約です)

ダブル 仮予約申込

釉薬シリーズ(蘭・Angel)

Angelは最終的に空色に落ち着きました。
蘭とは形が異なりますが、合わせ型で製作しています。
ご希望により、緑でも作成いたします。




合わせて、『蘭』についても予約製作を行うことといたしました。
Angelについては白・黄・赤とラベリングしておりましたが、蘭と同じく、natural・midium・forteと息圧に合わせて製作いたします。

Angelについては当面、すべて同一の料金で提供いたします。





釉薬(蘭・Angel)予約フォーム


   mail
           
HOME